必要なこと

会社設立のためにやらなければならないことはたくさんあります。
しかし、今の世の中は、起業家にとってとても優しくできています。ベンチャー企業が経済を支えると言われているぐらいですからね。
だから、手間を削減したり、簡単な手続きで会社が起こせる方向にどんどんシフトしていっています。
ここでは、会社設立を目指すあなたのために、必要なことを解説していきます。

当たり前ですが、いきなり「会社をはじめようと思います」といっても、それで会社が作れるわけではありません。
きちんとした届出をしなければなりませんし、届出が受理されるためには、法律で定められた要件を満たしていなければなりません。
逆に言えば、その必要な要件さえ満たしていれば、届出はちゃんと受理されるということ。

必要な要件から逆算すれば、会社設立のために何をすればいいかは自然とわかってきます。
当たり前といえば当たり前ですが、最初にしなければならないのは、商号(いわゆる社名)を決めることです。
商号は公序良俗に反しなければ自由につけて構いませんが、覚えやすい、親しみやすい、わかりやすいもののほうがいいことは言うまでもありません。

社名にはイメージが深く関わってきます。マーケットを見据えた、きちんとターゲットに届くようなものにすると、その後のイメージは大きく変わってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加